部活(クラブ活動)

プレッシャーにならない応援メッセージ【部活編】12選+注意点!

ナミ子
部活動の大会や試合の前に、仲間にプレッシャーにならない応援メッセージを贈りたいと思っています。どんなメッセージを贈れば、負担にならないでしょうか?具体的な例文やポイント、注意点を教えてください。

 

こんな疑問を解消します。

本記事の内容

  • プレッシャーにならない応援メッセージ【部活編】12選!
  • 部活でプレッシャーにならない応援メッセージを贈る時のポイント・注意点は?
  • 部活で大会・試合前に応援メッセージを贈るメリットは?

 

今回は、部活でプレッシャーにならない応援メッセージについて解説します。


最初にポイントや注意点をお伝えすると、次のとおりです。

  • 短くまとめる
  • 英語のメッセージを送る
  • プレゼントをつける
  • 縁起の悪い言葉は避ける
  • 使わない方がいい言葉がある

 

詳細については、記事後半で解説しますのでぜひ読み進めてみてください!

 

ナミ子
部活の大会や試合に出る人に応援メッセージを贈りたいけど、逆にプレッシャーになってしまわないだろうか?


と悩む人は、けっこう多いです。

じつは私も以前、同じことで悩んだことがありました。

 

この記事では、そんなあなたにプレッシャーにならない応援メッセージの具体例12選とポイント、注意点を徹底解説します!


最後まで読めば、相手に力を与える応援メッセージを作れるようになります。


いいなと思ったものは、自由にメモしながら読み進めてみてくださいね。

 

1.プレッシャーにならない応援メッセージ【部活編】12選!

・いつもの自然体でね。試合、楽しんで!応援してるよ。

 

・〇〇なら(相手の名前)できるって信じてるよ!

 

・誰よりもいっぱい練習してきたよね。自分を信じて!

 

・落ち着いて、練習の成果を発揮してね。うまくいきますように。

 

・〇〇(相手の名前)ならきっとうまくいくよ。大丈夫!

 

・自分とチームのみんなの力を信じて!

 

・毎日練習したよね。努力は裏切らないよ。

 

・Do your best!(ベストを尽くして!)

 

・Good luck!(幸運を!)

 

・Believe in yourself!(自分を信じて!)

 

・Go for it!(進め!)

 

・Dream comes true!(夢は叶う!)

 

【あわせて読みたい】ヒント満載のオススメ関連記事!

【応援メッセージ】の例!一言で元気づける言葉23選【7シーン別】

 

次に、ポイントと注意点も見ていきましょう!

 

知らないうちに相手にプレッシャーを与えてしまう言葉なども紹介していきます。

 

2.部活でプレッシャーにならない応援メッセージを贈る時のポイント・注意点は?

では次に、部活でプレッシャーにならない応援メッセージを贈る時の

 

  • ポイント
  • 注意点

 

をお伝えします。

書いて渡す場合と口頭で伝える場合、どちらでも使える考え方です。

 

ポイント

 

  • 短くまとめる
  • 英語のメッセージを送る
  • プレゼントをつける

 

一つずつ解説します。

 

短くまとめる

ただでさえ試合前は緊張するもの。
一言、心を込めたメッセージを送りましょう。


手紙のように長く書いてしまうと、相手の負担となることもあります。

 

・英語のメッセージを送る

英語のメッセージも短い文章で気持ちを伝えることができるのでおすすめです。


あんまり難しいものではなく、簡単な単語で十分気持ちが伝わりますよ。

 

プレゼントをつける


これは相手との関係にもよりますが、負担にならない程度に、お守りや、スポーツドリンク、タオルなどのプレゼントを添えても良いでしょう。

 

注意点

 

  • 縁起の悪い言葉は避ける
  • 「頑張って」
  • 「絶対できる」

 

一つずつ解説します。

 

縁起の悪い言葉は避ける

負ける、敗れるなどの言葉は書かないようにしましょう。
たとえ相手のことであっても避けるのが良いでしょう。

 

「頑張って」

これは人によるかもしれませんが、

 

「頑張って」というメッセージが「もっと努力して」

 

という意味に取られてしまうこともあります。

なので、

「応援しているよ」や「見守っているよ」

 

という表現が良い(ベター)ですよ。

 

「絶対できる」

絶対できるという言葉も、場合によっては相手のプレッシャーとなってしまうこともあります。

 

じゃあどう表現したらいいかというと、

「(わたしは)できるって信じてるよ!」など、自分を主語にした文章にすると良いですよ。


同じように、

 

負けないで

勝ってね

 

などもプレッシャーになる場合があるため注意しましょう。

 

3.部活で大会・試合前に応援メッセージを贈るメリットは?

  • やる気が高まる
  • 元気づけることができる
  • 落ち着ける
  • 安心できる
  • 仲良くなれる


一つずつ見ていきましょう。

 

やる気が高まる

やはりなんといってもやる気が高まります。
今まで以上に集中して試合に臨むことができるでしょう。

 

元気づけることができる

たとえ失敗して落ち込むことがあったとしても、応援メッセージを送ることで元気づけることができます。


本番に向けて気持ちを上向きにさせてくれるのはきっと心のこもった応援メッセージですよ。

 

落ち着ける

応援してくれる人がいるというのはそれだけで心強いですよね。
試合中も落ち着いて行動することができるはずです。

 

安心できる

試合前というのは誰しもナーバスになりがちなもの。


でも誰かの応援は、きっとその不安やストレスを解消するための手助けになることができるでしょう。

 

仲良くなれる

大切な試合の前に、時間や労力を割いてメッセージを送ってくれる人を迷惑に思う人はいません。


きっと今まで以上に仲良くなることができるはずです。

 

4.まとめ

今回は部活の大会や試合の前に送る、プレッシャーにならない応援メッセージ例文とポイント、注意点をご紹介しました。


相手へのプレッシャーになるかもと思うと、なかなかメッセージを送りづらいですが、ポイントや注意点に気をつけて書けば、きっと相手は喜んでくれるはずです。

 

注意点でもお話したとおり、応援メッセージに使わないほうがいい言葉が存在しますが、

上手く言い方や表現の仕方を変えて、相手に力を与える「プレッシャーにならない応援メッセージ」を作ることができます!

 


少しでも参考になれば嬉しいです。

-部活(クラブ活動)

Copyright© 四季のイベント&生活お役立ち情報 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.