お正月 行事・イベント

建長寺の初詣【2022年】混雑具合と参拝時間は?駐車場や屋台・アクセスも

この記事では、建長寺の【2022年】初詣のお役立ち情報をまとめました。

 

建長寺は、日本で初めて建てられた禅寺で、除夜の鐘がつける鎌倉のお寺です。

 

2022年、せっかく足をのばして初詣に出かけるなら、少し早く家を出て、除夜の鐘がつけるお寺に行ってみませんか?

 

できれば、混雑をさけながら快適に参拝したい」という方は必見です。

 

上のもくじの中に、気になるものはありますか?

 

それでは、見ていきましょう。

 

1.建長寺の初詣【2022年】参拝できる時間や期間はいつまで?例年の混雑具合と人数・空いている時間帯は?

拝観時間は8:00~16:30となっており、拝観料は下記のとおりです。

  • 大人500円
  • 子供200円

拝観料のお支払いは現金のみとなっておりますので、きちんと準備して参りましょう。

 

ただ、大晦日は除夜の鐘があるので閉門しません。

 

社務所が閉まってしまうため、代わりにお金を入れる箱が設置されるようです。

 

除夜の鐘は大晦日の23:45頃から始まり、なんと希望者全員つくことが出来るのです。

 

2~3時間ほどの待ち時間はあるものの、必ず鐘をつくことができます。

 

人数制限や整理券配布を行うところが多いなか、とてもありがたいですよね。

 

また、建長寺の大晦日夜中の初詣は、ほとんど人がおらず待ち時間ゼロで参拝できることが多いです

 

とはいえ、元日の日中は多少の混雑が予想されます。

 

人混みを避けたいなら、早朝から10:00までの間に参拝するのがおすすめです。

 

2.建長寺に屋台の出店はあるの?オススメのランチ情報も!

残念ながら、建長寺に屋台や出店はありません。

 

でも安心してください。

 

建長寺の門前に「点心庵」というお店があります。

 

点心庵では、主に鎌倉産の食材を使った料理をいただけます。

 

カレーやパスタ、デザートももちろんおすすめですが、
点心庵に来たのなら建長寺公認の「伝承 けんちん汁」を味わいたいところです。

 

建長寺は「けんちん汁」の発祥の地とされており、「建長汁」がその名の由来だと言われています。

 

点心庵のけんちん汁は、建長寺から指南を受け公に認められているので、昔から伝わる味をそのまま味わえるのです。

 

建長寺に参拝にいくなら、身体のなかからも建長寺で満たされていくのもありですよね。

 

3.建長寺のご利益やご本尊・お守りは?

ご利益とご本尊、お守りについて解説します。

 

ご利益は?

建長寺のご利益は

  • 家内安全
  • 商運隆昌
  • 交通安全
  • 合格祈願

などなどここに書ききれないくらいたくさんあります。

 

しかし、関東大震災が起きたとき、半僧坊のご神体にまったく影響がなかったことから、中でも特に

  • 魔除け
  • 厄除け

のご利益が、期待できます。

 

ご本尊は?

ご本尊は地蔵菩薩で、境内の仏殿に祀られています。

 

ご本尊、仏殿ともに国の重要文化財に指定されており、厳粛な空気や荘厳さを感じることが出来るでしょう。

 

お守りは?

お守りは境内に2カ所ある売店で、買うことが出来ます

 

それぞれでしか買えないものもあるので、両方の売店に訪れて比べてみるのもいいですね。

 

4.建長寺の見どころ【御朱印・雲竜図・半僧坊】

建長寺には仏殿以外にもみどころがたくさんあります。

 

ここでは、以下3つのおすすめを紹介しますね。

  1. 御朱印
  2. 雲龍図
  3. 半僧坊

順番に見ていきましょう!

 

1.御朱印

建長寺ではたくさんの種類の御朱印が頂けます。

 

拝観受付だけでも、

  • 地蔵菩薩
  • 千手観世音
  • 心平地蔵尊
  • 済田地蔵尊


4種類の御朱印から選べます。

 

他にも回春院では、韋駄天の御朱印を頂けます。

 

韋駄天を祀っている神社は少ないので、御朱印を集めているなら是非ゲットして欲しいです。

 

全てあわせると、16種類の御朱印が頂けるのです。

 

1回の参拝ですべてまわるのは難しいので、何回かに分けて集めてみてくださいね。

(時期によって変動する可能性がありますので、事前に調べることをオススメします!)

 

2.雲龍図

建長寺には重要文化財がたくさんあるので、ご本尊、仏殿以外に足を運ぶのもオススメです。

 

特に法堂の雲龍図は一見の価値ありです。

水墨画の龍は小泉淳作により描かれたもので、その大きさはなんと約80畳もあるのですよ。

 

龍は仏の教えを人々に伝えるといわれがあり、天井に描くことで

「法(教え)の雨を降らす」

という意味になるのだとか。

 

斜め上から見下ろすかたちで描かれた龍は、その大きさも併せて思わずたじろいでしまうくらいの迫力です。

 

3.半僧坊

もしあなたに時間と体力があるならば、是非、半僧坊まで訪れてほしいです。

 

半僧坊とは天狗のような姿をした神様で、建長寺の最奥にある鎮守府に祀られています。

 

最奥までは250段近い階段を上った場所にあり、建長寺の門から20~30分かかります。

 

道中には12体もの天狗像が立ち並び、普通の神社仏閣とは違った雰囲気を味わうことができますよ。

 

天気のよい日には相模湾を一望でき、心身ともにすがすがしく、健やかな気持ちになれます。

 

5.建長寺へのアクセス方法・駐車場について!

建長寺の住所は、こちらです。

〒247-8525 神奈川県鎌倉市山ノ内8
(0467)22-0981

アクセス(行き方)

建長寺へのアクセス方法は、以下3つです。

  1. 電車
  2. バス

それぞれ見ていきましょう!

 

1.電車

  • JR横須賀線 北鎌倉駅 → 徒歩約20分
  • JR横須賀線 鎌倉駅下車 → 徒歩約30分

バスを降りてから少し時間がかかりますが、良い運動になりそうですね!

 

2.バス

  • JR横須賀線 北鎌倉駅前 江ノ電バス「鎌倉駅」行き
     → バス停「建長寺」下車:約5分
  • JR横須賀線 鎌倉駅 江ノ電バス各種「大船方面」行き
     → バス停「建長寺」下車:約10分

初詣専用の臨時バスが出ている場合もありますので、事前に調べていくことをおすすめします。

 

3.車

横浜横須賀道路「朝比奈I.C」から県道204号
 →県道21号線から道なりに20分

ただし大晦日22:00~1/3まで交通規制がありますので、もし行くならば道順を調べて行きましょう。

 

駐車場は?

参拝者用の駐車場は、境内総門前に建長寺専用のものがあります。

 

台数:乗用車20台分、バス5台 ※予約不可です
時間:8:30~16:30
金額:乗用車600円、バス2000円 ※最初の1時間支払い、以下30分単位

近くのコインパーキングに車を置いて歩いて向かう方も多く、規制が始まる周りの駐車場はほぼ満車になります。

 

天気がいいなら、JRからの徒歩をおすすめします。

 

6.まとめ

建長寺は鎌倉にあるにもかかわらず、比較的落ち着いて初詣ができる穴場です。

 

大晦日の夜中から参拝して除夜の鐘をつき、そのまま初詣をすれば人混みに悩まされることなくスムーズに動けるはずです。

 

その場合、除夜の鐘の待ち時間がとても寒いので、防寒はしっかりと行ってくださいね。

 

また、昨年はコロナの影響で除夜の鐘が中止になったり、入山可能な範囲が制限されたりしたので、事前に調べて向かうことをおすすめします

 

参考になれば嬉しいです。

-お正月, 行事・イベント

Copyright© 四季のイベント&生活お役立ち情報 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.