生活

【小麦粉の捨て方】正しい方法を解説!注意点やNGと再利用の仕方も

ナミ子
小麦粉の正しい捨て方を知りたい。どうするのが正解なの?

 

こんな質問に答えます。

この記事の内容

  • 1.小麦粉の捨て方は?正しいやり方!可燃ごみでOKか
  • 2.捨てる時に気を付けることってある?
  • キッチンの掃除法ほか便利な再利用方法!

結論からお伝えすると【小麦粉はビニール袋や紙袋にいれてから、可燃ごみに捨てる】が正解です。


ひろみち
間違っても排水口に流すのはやめてください。

また、住んでいる地域によって分別方法が異なる場合があるので、事前に確認が必要です!

 

本記事では小麦粉の正しい捨て方をはじめ、意外で便利な再利用の方法もご紹介していきます。
ぜひ最後までご覧ください。

 

1.小麦粉の捨て方は?正しいやり方!可燃ごみでOKか

結論から言うと、【ビニール袋や紙袋に入れて、そのまま可燃ごみで出す】のが正解

小麦粉は捨てる機会があまりないため、その捨て方に迷う人が多くいるんです。(私もその一人)

 

ひろみち
ほとんどの地域で、小麦粉は可燃ごみで捨てることができます。

 

中身が出ないよう、二重にしたビニール袋や紙袋にまとめてから可燃ごみの袋に入れましょう。

 

また地域によっては、外袋だけ分別方法が異なる場合もあります。
その際は、中身の小麦粉だけを紙袋に移し可燃ごみに捨ててください。

 

2.小麦粉を捨てる時の注意点や気をつけること・NG

小麦粉は可燃ごみに出すことができますが、捨てる時に気を付けることがあります。

 

固体にしない

「粉のまま捨てるのは心配」という理由で、小麦粉を水と混ぜて固体にしてから捨てる人がいますが、

重くなる他、ゴミ可燃時の温度を下げる原因になるのでやめましょう。

 

排水口に流さない(詰まる)

小麦粉を液状にしキッチンの排水口に流すのは、配水管の汚れや悪臭、詰まりの原因になるので絶対にしないでください。


液状の場合は、新聞紙やキッチンペーパーに吸わせてからビニール袋にまとめて捨てましょう。

 

大量の小麦粉を可燃ごみで捨てるのはNG

大量の小麦粉に、摩擦や静電気などが加わると爆発をおこす可能性があります。


量が多い場合には、小分けにして処分すると良いでしょう。

 

3.キッチンの掃除法ほか小麦粉の便利な再利用方法!

できることならゴミとして捨てるのではなく、再利用できたら良いですよね。


意外と知られていない、小麦粉を再利用する方法をいくつかご紹介していきます。

 

油を吸わせる

フライパンやお皿が油で汚れている場合、直接小麦粉を振りかけ拭き取ると、

小麦粉が油分を吸着するため落としやすくなり、洗剤も少量で済みます。


換気扇やコンロの掃除にもオススメです。


また油の凝固剤としても使うことができます。

 

小麦粘土にする

小麦粉に少量の塩と油、さらに水を加えてお好みの硬さに調節すれば小麦粘土の完成です。


色をつけたい場合は食紅を使ってみましょう。


保存をする時はカビが生えないよう、密閉をしてから冷蔵庫に入れてください。

 

まとめ

今回は「小麦粉の捨て方」についてお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか。

小麦粉は【ビニール袋や紙袋に入れて可燃ごみに出すことが可能】です。

・漏れ防止のため、袋を二重にして捨てる
・地域によって分別方法が異なる場合があるので事前に確認をする

 

小麦粉を捨てる際の注意点は

・水を混ぜて固体にしない 
・キッチンの排水口に流さない (汚れ・悪臭・詰まりの原因になるため)
・大量の小麦粉は小分けにして捨てる (爆発の危険があるため)

小麦粉の再利用方法は

・油汚れの洗い物やキッチンの掃除で使う (油の凝固剤としても使える)
・小麦粘土を作る (カビに気を付けて保存する)

 

小麦粉は食用としてはもちろん、頑固な油汚れも落としてくれる優れものです。
ぜひ日々の参考にしてください。

-生活

Copyright© 四季のイベント&生活お役立ち情報 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.