お仕事

【会社を休む理由】急用(家族)や他のケース15選+注意点を解説

ナミ子
家族絡みの急用で会社を休む理由を伝えたい。具体的にはどんな理由だと納得してもらえるの?ポイントや注意点は?

 

こんな質問に答えます。

この記事の内容

  • 【会社を休む理由】急用(家族)や他のケース15選
  • 伝えるときのポイント
  • 注意点
  • 推奨できない理由
  • 時には休むことも必要


結論から言うと「電話で上司に正直に伝える」のが大切です。
会社を休む理由で悩んでいる方は多いです。

 


この記事ではどんな理由で伝えればいいか悩んでいる方に向けて解説を行っていきます。
休むことは決して悪いことではありません。ストレスにならないような理由や注意点、ポイントを紹介していきます。


さっそく理由から見ていきましょう!

1.【会社を休む理由】急用(家族)や他のケース15選!4パターン

休む理由を大きく4つのパターンに分けてご紹介していきます!

家族の事情

まずは家族のがらみの急用から。

 

1.介護

高齢の両親がいる事を事前に伝えておきましょう。理解してもらいやすいです。

 

2.子供の体調不良

子供の体調不良には寛容な世の中になってきているため、問題なく休みを取ることができます。

 

3.家族の体調不良

夫や義母など、家族の体調不良も休み申請をすることができます。

 

自分自身の体調不良

4.発熱

発熱は誰でも起こる可能性がありますよね。


特にこのご時世、発熱で出勤しろという上司はいませんが、38 度熱があるなど、症状はしっかり伝えておくべきでしょう。

 

5.腹痛

腹痛も常に多い身体的トラブルのひとつ。
腹痛の場合はとにかく痛みのアピールをしっかり行うこと。


これから病院に行く予定です、など付け加えると信憑性も増しますね。

 

6.頭痛

頭痛は耐えられないですよね。
腹痛と同様、とにかく痛みのアピールをしっかり行いましょう。


頻繁に起きるようであれば、事前に上司に頭痛持ちを伝えておくほうがいいかもしれません。

 

7.貧血

貧血は症状が何度も繰り返すことが多いため、会社、上司に事前に伝えておきましょう。

 

8.生理痛

現在は生理休暇を導入している会社もあるようですが、まだまだ浸透はしていないようで、生理痛で苦しんでいる女性は多くいます。


生理痛は個人差があるため、特に男性には理解してもらいづらいところはありますが、
症状がひどい場合は貧血などと同様に、事前に上司に相談することをお勧めします。

 

交通機関のトラブル

7つ見ていきましょう。

9.通勤のトラブル

よくある電車の遅延などですね。
大幅な遅延の場合は最悪休むということも考えられますが、振替輸送を行っている別の電車に乗り換えるという方法もあるため、休む理由と言うには若干苦しいものも…。


田舎で単線しか走っていない場合だと休むことは可能かもしれませんが、都会では厳しい理由です。

 

10.車の故障

車両トラブルもよくあることですが、上記の電車のトラブルと同様に、

バスを利用したり、他の交通手段を利用して出社することは可能と言われることも…。

 

11.交通事故

交通事故であれば被害がどの程度になるかで出社を促されるか、そうでないかが変わると思われます。
大事故であればもちろん休めと言われるでしょう。


少しぶつけた程度…、自損事故ですね。であれば、遅れて出社を促される可能性も。

 

事前の休日申請

12.法事

法事は日程が事前に決まっているだけでなく、家事行事ということで申請は問題なく通りやすいです。

 

13.家の行事

家の行事はたくさんありますが、例えば子供の運動会など重要な行事も休日申請の対象に。

 

14.役所の手続き

平日が固定勤務の人は役所関係や、免許の更新など、休日申請をしないと手続きができないため、立派な申請理由になります。

 

15.私用

私も何度か使いましたが申請の理由を言いづらい場合の最終手段はこれ。
「私用」です。


私は理由を聞かれた事はありませんが、聞かれた場合は上記のような法事などで逃げ切りましょう。

 

家庭の事情であれば比較的休みやすいのが分かります。…ですが交通系は厳しそうですね。

 

2.会社を休む理由を伝えるときのポイントは?

伝える時のポイントをご紹介していきます。

電話での連絡

最近はチャットやメールを使って業務連絡を行うようになってきましたが、
休みの連絡は電話で行うようにしましょう。


社会人としてのマナーのひとつです。

 

簡潔な理由を述べる

理由をだらだらと述べると嘘っぽくもなりますし、理由の真意が伝わりません。

「生理痛がひどく吐き気もあるため、お休みを頂きます。」

このように、簡潔に伝えるようにしましょう。

 

毎回同じ理由で休んでいないか確認する

学生の時にいませんでしたか?同じ病名で何度も休んでいる人。
かなり疑わしくなりますよね。

 

社会人になっても同様です。
毎回同じ理由で休みを申請すると疑われてしまう可能性も。

 

もともと持病を持っているなど上司に報告をしているのであれば別ですが、
それが複数となると会社的にも仕事の遅れが出るなど会社にとってマイナスに。


社会人として最低限のモラル、 マナーを守ることで会社や人間関係も円滑に回すことができます。
休みの回数や理由は常に確認をするようにしておきましょう。

 

休み明け

会社は仕事も大事ですが、人間関係も仕事を円滑に回す重要なポイントに。
休み明けは上司はもちろん、同僚や後輩にも 「ありがとう」と一声かけておきましょう。

 

人間ですから体調不良になることは誰しもあること。
大事なのは休む時の誠実な対処の仕方とその後の一言ですね。


休み明けの一言は必ずかけるようにしましょう。

 

3.注意点とやってはいけないこと

人間誰しも休みたくなる時があるものですが、注意しておかないといけないことも。

 

注意点

無断欠勤をしない

無断欠勤は NG。 できれば休むことを直接会社の上司に伝えましょう。


人づてに聞くよりも直接聞く方が気持ちに寄り添ってもらいやすいです。

 

同じ理由を使わない

同じ内容を使うと疑われやすくなるため注意が必要です。
何度も同じ理由で欠勤となると、「あいつ、またか…」とどうしても思われがちに。

 

慢性的な持病を抱えている場合は、事前に上司に報告しておくのがいいかもしれません。

 

やってはいけないこと

SNS

SNSあるあるです。
体調不良で休んでいるはずなのに友人の SNS に写り込んでしまったり…、会社を休んでいるのにも関わらず自分で投稿してしまったり…。


社会人は信用第一。
嘘をついて休んだり、休日の投稿をするなど、悪い噂はすぐに広まるため仕事がしづらくなる可能性も。


休んでいる日は SNS は控えるようにしましょう。

 

外出

会社の同僚にばったり出くわしてしまう…ということも考えられるため、外出は NG。
休んだ日は家でおとなしくしておきましょう。

人間関係を円滑にしていくためにマナーは守るようにしましょう。

 

4.推奨できない理由

下記の理由は使わないでおきましょう。

仕事への不満

仕事への不満を理由に休むことは推奨できません。
これを理由に休んでしまうと仕事の評価が下がるだけではなく、最悪解雇される可能性も。


我慢をしすぎるのもストレスになるため、不満があまりにも大きいようであれば上司と話し合う機会を作るようにしましょう。

 

疲労感

モチベーションの低下や疲労は推奨できません。
なぜなら、この理由は正当な理由ではないから。


モチベーションの低下や精神的、肉体的な疲労は誰にも起こり得ること。
これを正当な理由にしてしまうと、多くの人が度々休むことになり、会社が回らなくなってしまいます。

 

疲労があまりにもひどい、休んでも疲れが全く取れないとなると仕事量が多すぎるなど、別の原因が考えられる場合も。
疲労が続くようであれば直属の上司に相談してみましょう。


急な体調不良でもちゃんと相談ができるように、普段から上司や同僚などと円滑にコミュニケーションを取るように心がけましょう。

 

5.精神的にツラい人へ!無理をしないで休むことも必要です

頑張りすぎていませんか?
私は頑張らないと!と、いつも気を張っていてはストレスが溜まってしまい、逆に仕事にマイナスになることも。

 

休日を取ることで精神的にも肉体的にもリフレッシュできるので業務が効率良くこなせるようになりますよ。
休むことは悪いことではないため、必要であれば無理をしないで休日を取るようにしましょう。

 

まとめ

このように、会社を休む理由はかなりたくさんあります。
しかし、この記事にもあるように社会人として最低限のマナー、注意点を守った状態で申請をする必要があります。


休むことは悪いことではありません、その時のあなたの体の状態や理由を簡潔に、でもしっかり伝えるようにしましょう。

-お仕事

Copyright© 四季のイベント&生活お役立ち情報 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.